恐ろしい痴漢冤罪・疑われた時にできること

冤罪

変わらない日常が一変する事態は、誰にでも起きる可能性があります。通勤に電車を利用している人は、痴漢冤罪に巻き込まれることがあるかもしれません。

日常が非日常に変わる瞬間です。それでも慌ててはいけません。身の潔白をしっかりと証明しましょう。

今回は、痴漢冤罪の恐ろしさと、疑われたときにできることを解説していきます。

痴漢冤罪は誰にでも起きる


痴漢冤罪は、満員電車に限ったことではありません。普通に夜道を歩いているだけの職務質問から起きることもあります。自分は満員電車を利用しないから大丈夫と考えていると、足元をすくわれるかもしれません。

警察官から「この辺で痴漢被害があり、被害者があなたに似ていると言っている」と職務質問されたら驚きませんか?何もしていないのに逃げる人がいるかもしれませんが、それは間違った行動です。

何もしていないのならば、それを説明すればいいだけ、面倒・時間がかかりそうなど、忙しいことを理由にその場を立ち去るのは、後々の問題を大きくするかもしれません。

痴漢冤罪は電車に限ったことではありません。誰にでも起きることを知っておきましょう。

起訴までされれば99.9%有罪

冤罪にも関わらず、それが証明できず起訴されれば99.9%有罪です。何もしていないのにと思われるかもしれませんが、これが現実です。

その理由は、痴漢被害者が嘘をつく理由は無いとみられがちなこと、これにより冤罪が生まれます。最近は、わざと人を陥れる女性がいることが発覚したことから、決めつける人も少なくなりましたが、まだ十分ではありません。

大切なのは起訴をされない、逮捕勾留されない、痴漢に間違われる行動をしないことです。

痴漢冤罪を受けないための注意点


痴漢に間違われなければ冤罪も生まれません。疑われないための行動をしましょう。

満員電車は気を付ける

痴漢冤罪が起きる可能性が高いのは、やはり満員電車です。いろいろな対策を行う人もいますが、やはり両腕は見える位置に置きたいものです。

例えば腕をつかまれ「この人痴漢です」と言われ電車を下ろされたことで、一般人による逮捕が行われています。警察官にそのまま引き渡されたら、任意同行ではありません。強制的に警察署へ連れていかれます。逮捕されているのだから当然です。

まずは、痴漢に間違われないこと、騙そうとする人のターゲットにならないこと、疑われない行動が冤罪を防ぎます。

すみませんの一言が危険

何かあると「すみません」と思わす口にする人、日本人の美徳かもしれませんが、この一言が冤罪を生むかもしれません。すみません=痴漢をしたと取られる可能性が出てきます。

「すみません」が口癖になっている人もいるかもしれませんが、満員電車で安易に口に出していい言葉ではありません。

痴漢冤罪に巻き込まれたときは

対策を講じていたにも関わらず、痴漢冤罪に巻き込まれた人は、次の行動をとってください。

すぐに身の潔白を話す

その場で、すぐに身の潔白を説明しましょう。両手を上げ大声で何もしていないことを話します。その際、スマホで録音をしておくと効果的です。

しかし、黙ってスマホをいじると、証拠隠滅を疑われるかもしれません。周囲に録音のための操作をすることを伝えながら行いましょう。

絶対に逃げない

その場から逃げたいと思われるかもしれませんが、逃げる=やましいと判断されることがほとんどです。絶対にその場から逃げてはいけません。

以前は名刺を渡して「何かあればここへ連絡をください」と話し、その場から立ち去るのが効果的と説明される人もいましたが、これも賛否両論です。あまりおすすめできる方法ではありません。

仕事に支障をきたすかもしれませんが、できるだけその場にとどまるようにしましょう。

警察署へ連れていかれたらすぐに家族を呼ぶ

警察署へ連れていかれたらすぐに家族を呼びましょう。勾留されることを防ぎます。自分は何もしていない冤罪なのですから、家族に内緒にする必要はありません。

警察官にどこの警察署に行くのかを確認し、家族を呼ぶために電話をすると説明してから連絡をしましょう。

痴漢冤罪はすぐに弁護士へ

冤罪なのにどうして弁護士に相談するの?と思われるかもしれませんが、痴漢冤罪に苦しんでいる人が実際にいます。自分はしていないと発しても、残念ながら信じてもらえないかもしれません。

それが、被害者が嘘をつくとは考えにくいと言った発想です。冤罪を証明しなければいけません。そのためにも弁護士の力は必要不可欠です。痴漢冤罪に強い弁護士に依頼をするようにしましょう。